朝倉しんのすけ

皆さんこんにちは!朝倉しんのすけと申します。
私が小中学生の頃、日本は不景気な時代が続いていました。
そんな世の中を変えたいと思い、その頃より政治家を目指すようになりました。
2017年の都議選にて大学の大先輩である岡村幹雄さんの勇姿に感動し、
初志貫徹すべく日本第一党に入党しました。

現在調布市内各地で非正規雇用や歴史教育の問題等について訴えております。
みんなが笑顔で暮らせる社会、明るい明日を思い描ける社会をつくるため、努力してまいります。
どうぞよろしくお願い致します。

12/17 広報活動@つつじヶ丘

2019年2月22日

DSC_0203

今日も朝倉さんと広報活動をした。

別に身内びいきな訳じゃないけど。超順調ですね。

チラシが15枚手渡し。さすがに知名度が上がってきたのか、会釈してくれたり、笑顔を向けてくれたりする人たちもたくさんいました。

これがマジなんだ。うちら、ちまたでは極右じゃないの?

逆にひとりスキンヘッドの方にガンつけられました。近い近いよ。口が臭い。ちゃんと口臭チェックしてね。歯磨きに自信ある方ですかね?

さらに眼鏡がかっこいい40前後のお兄さんからアドバイスを頂きました。

「君ら、ドイツとかフランスの移民街言ったことあるの?」

「まだ、今のところは……」

「一度行って動画で撮影してくるといいよ。絶対、みんな外国人労働者に対する考え方変わるから」

彼は真剣な眼差しで朝倉さんを見ました。かっこいい!

もちろん、チラシも受け取ってもらいましたよ。スゴい!あなたはぜひ入党してもらいたい。でも、本気で頭いい人は仲間になってほしい。戦略立案してください。参謀お願いします。

党全体的に桜井さんや朝倉さんみたいな君主が独り立ちしちゃっている印象ですからね。信長の野望で言うと上杉家ですかね?

しかし、昨今のニュースを見ていると「この国はどこまで持つんだろう」という感じがしますよね。いくら朝倉さんや大村さんが都議。国会議員。大臣?首相!になっても国がパーすればどうしようもないですからね。パーしそうだけど。パー。

いや、本当に笑い事じゃないって。

 

※この記事はuririnが担当しました