朝倉しんのすけ

皆さんこんにちは!朝倉しんのすけと申します。
私が小中学生の頃、日本は不景気な時代が続いていました。
そんな世の中を変えたいと思い、その頃より政治家を目指すようになりました。
2017年の都議選にて大学の大先輩である岡村幹雄さんの勇姿に感動し、
初志貫徹すべく日本第一党に入党しました。

現在調布市内各地でワーキングプアや歴史教育の問題等について訴えております。
みんなが笑顔で暮らせる社会、明るい明日を思い描ける社会をつくるため、努力してまいります。
どうぞよろしくお願い致します。

1/10 戸別訪問@調布駅北口 by うり(uririn)

配布枚数115枚(対面手渡)

訪問事業所数117 リジェクト2件

今日は調布駅北口を攻めた。本当は武蔵野市場→深大寺に行こうかと思っていたけど、起きるのが遅かったから諦めた。

息をするようにお店や会社に飛び込んじゃう「うり」もさすがに100を超えると疲れてきます。実は新規開拓大好きなんだよね。ローラー営業とかよくやってたし。仕事だったら興味持ってもらって技術者呼ぶ。みたいな。でも、これは金銭のやりとりが発生しないから楽ちんだし。楽しい♪

「市議だろ!頑張れよ。兄ちゃん達」※ラーメン屋さん

「調布に生きるんだな!?わかった!必ずやれよ!」※ラーメン屋さん

などの励ましをもらいながらやりましたね。

まあ、川崎の某陣営でもタオル配ってたけど、厳密にはムリかも。だって、この時期、駅前でいろんな政党が代わる代わる街宣とかたくさんしてて、 町が「選挙モード」になっちゃっているんですよ。 理由無いのに個人名がでかでかと書かれたチラシ持って頭下げに来る理由なんか分かるはずでしょ。向こうから「国政?市議?」とか声かけられちゃいますからね。それではぐらかしたり無視したりするとかえって不自然でしょう。おそらく他の党も同じだと思いますよ?

自分たちから積極的に言わなければいいだろうと思う。これでもダメだと言う方は、一度、戸別訪問やるべきだね。市民とのコミニケーションに支障が出る。

というかそもそもやるべきだと思う。できれば各選挙区幹部は

しっかり「笑顔で」「頭を下げて」「相手の目を見て」、今どういうことで困っているのか?どういうことを考えているのか?苦しんでいることは?悩んでいることは?将来の不安は?そういうことを聞き取ってもらいたいです。

もちろん書いてないけど、手酷いリジェクトを食らうこともありますし、睨まれることもありますし、不審者扱いもされますけど、そういうときは3期確定したごちうさ(ご注文はうさぎですか?)のことを考えれば大丈夫です。

「わかりました。朝倉に必ず伝えます」

うりはそう言ってますよ。

ちなみにリジェクトの2件は輸送業と石材店

「商売やってればどこに投票するかわかるでしょ?」※輸送業

つまり、選択肢がないんですよ。

私たちが新しい選択肢になるためには、誰よりも市民目線でいかなくてはいけないと思います。わかっている通りもう國體に時間はありません。

「えと……店長に渡しておけばいいんですよね」※カフェ

「アルバイトの方たちで回し読みしてもらえばそれでいいですよ」

「え、いいんですか!?」

「立場は関係ないので」

うりはマンションの守衛のおっちゃんからも「調布市民であれば」しっかり話聞いてますよ。そこが「勝利のヒントになる」と確信していますから。

昨日朝倉さんに行くって言ってた電通大は行きませんでした。わり算できないうりには開拓不可能。