朝倉しんのすけ

皆さんこんにちは!朝倉しんのすけと申します。
私が小中学生の頃、日本は不景気な時代が続いていました。
そんな世の中を変えたいと思い、その頃より政治家を目指すようになりました。
2017年の都議選にて大学の大先輩である岡村幹雄さんの勇姿に感動し、
初志貫徹すべく日本第一党に入党しました。

現在調布市内各地で非正規雇用や歴史教育の問題等について訴えております。
みんなが笑顔で暮らせる社会、明るい明日を思い描ける社会をつくるため、努力してまいります。
どうぞよろしくお願い致します。

1/17 広報活動@つつじヶ丘

今日はつつじヶ丘で辻立ちをした。

数枚チラシを受け取ってもらえた。その後は作戦会議。今後2月以降どうするかですね。どういう感じでアピールするか。

日本人の中に眠っているナショナリズムを呼び起こせ。

ガスト会議。

これが将来教科書に載ったりしてね。

「調布っ子あるある!」のコーナー!!

 

「釣りをはじめるけどすぐにやめてしまう」

これはあるあるですよね。すぐ南を多摩川が流れていて自然豊かな調布市。小学校5年くらいになると、釣り漫画を読んで、一時期、ひとり、またひとりと熱に浮かれたかのように釣りをはじめます。

ルアーなんかも自分で作って、エサも自分で配合します。

ですがすぐやめちゃうんですよね。

半年持ったかなぁ?

魚がいないんですよね。

釣れてもコイとフナ。奴らも人間の釣りには慣れているのでなかなか食いついてこない。それに浅い部分が多くて魚影丸見え。

つまりでっかい釣り堀なんですね。

だからつまらない。

両親が釣り好きな子は小田原あたりまで行くんですけど。ほとんどの子はもうそれで終わり。気がつけば物置に錆びきった釣り竿が眠っているという訳です。