朝倉しんのすけ

皆さんこんにちは!朝倉しんのすけと申します。
私が小中学生の頃、日本は不景気な時代が続いていました。
そんな世の中を変えたいと思い、その頃より政治家を目指すようになりました。
2017年の都議選にて大学の大先輩である岡村幹雄さんの勇姿に感動し、
初志貫徹すべく日本第一党に入党しました。

現在調布市内各地でワーキングプアや歴史教育の問題等について訴えております。
みんなが笑顔で暮らせる社会、明るい明日を思い描ける社会をつくるため、努力してまいります。
どうぞよろしくお願い致します。

2/7 児童虐待は調布で起こるのか?

今日も街頭活動を行いました。男性の方が言ってましたね。

「誰か若い人が立たなきゃダメだよ」

応援してくれるという話でした。嬉しい限りですね。

調布あるあるのコーナー!

さて題名の野田市や目黒区のような「調布での児童の虐待事件」は起こるのか?ということですね。はっきり言いますね。

調布でも十分に起こりうる

と、うりは考えています。

理由をご説明しますね。ちなみにうりは調布のいろんなところにネットワークを持っている人間なのですが。市内の学童の話です。

市内の小学生が通う学童にはこのように職位のヒエラルキーが存在します

「正規職員(市の公務員)」「契約職員」「嘱託」「パート」の四種類が存在します、そして公務員組織にはありがちなんですが、上の人間には逆らえないんですね、つまり風通しが悪いのです。

そして、今は保育園なんかでもそうらしいのですが

「児童の身体は極力触らない」

というルールがあるんです。女性職員でもですよ。これは小学校でもそうです。野田のときにアンケートを取りましたよね(これが、今、加害者の父親に渡したことで問題になっていますが……)

もし仮に女児が虐待を受けているということで、小学校や学童の職員に相談したとしても、わかりますか。

「大人は何の対策もとれない」

万が一「じゃあ服脱いでみなよ」なんて言うもんなら、下手をすればクビになります。上の市の職員が許さないでしょう。おそらく、調布の担任の先生や学童の職員も同じような対応を取らざるを得ない訳です。

ちょろっとアンケートを書いてもらって、それを母親に渡す……(でも、母親もDV被害を受けていたらどうしようもないw)まさか、父方のおばあちゃんとか。十分にあり得ますねw

野田市や目黒区のような虐待事件は十分に調布でもあり得ますよ。

朝倉の言っていることは決して「耳障りの良いこと」ではないのです。事実、非正規雇用が増え、確固たるヒエラルキーができてしまうのは、学童の運営上において非常に問題になっているのですね。

子供たちを守るために

保育園や学童といったところの非正規雇用の待遇改善は待ったなしなのです。

また児童相談所の設置も必要だと思います。

By うり